アメリカで標準の基本のゴルフスイングはとてもシンプルです。たった一種類の
美しいゴルフスイング動作を理解し、体に覚え込ませるだけです。ゴルフ初心者も
飛距離が伸び、真っ直ぐ飛ばせます。ゴルフスイングの基本を手に入れましょう。

ゴルフスイングの基本 あおば屋

ゴルフスイングの基本 ゴルフ初心者にもわかる静止画・動画ゴルフスイングレッスン

アメリカ標準の基本ゴルフスイング

アメリカで標準の基本ゴルフスイングでは、

「ヘッドをボールに当てよう」と、しません。

「ヘッドが、ボールに正しく当たる」のです。

更に、覚えるゴルフスイングは、1種類だけ。頭で理解するのに1時間もかかりません。

このゴルフスイングの基本動作を

「頭で理解し、あなたの体が正しく覚える」と、あなたはアベレージゴルファーから抜け出し、もっと、もっと、ゴルフを楽しめます。

ゴルフスイングの基本

ゴルフスイングの基本的な目的

(1)遠くへ、(2)真っ直ぐ、(3)安定して、ゴルフボールを飛ばす事です。

(真っ直ぐ飛ばせれば、曲げるのは簡単。)

目的達成のための考え方

(1)大きな筋肉の使用と、ヘッド最速の動作設計。

(2)フェースが自動的にスクエアに戻る動作設計。

(3)自由度の低い動作を組み合わせ、再現性向上。

アメリカで標準の基本ゴルフスイング

この考え方から、「背骨を回転軸にし、胴体周りの筋肉を用い、手によるコントロールを極力排除した基本ゴルフスイング」が確立しています。

アメリカでは、この基本ゴルフスイングがレッスンプロが教える標準で、多くのツアープロがこのスイングで打っているのがよく判ります。

意識的にリストターン(手の返し)が必要なスイングは、今では時代遅れのスイングです。


詳しくは、別ページの「基本ゴルフスイングの理論」「基本ゴルフスイングの歴史」 をご覧下さい。

ゴルフスイングの基本動作概略

ゴルフスイングの基本動作は、5つです。

(a) グリップ

(b) セットアップ(基本アドレス姿勢)

(c) バックスイング

(d) ダウンスイング

(e) フォロースイング

(a)(b)(c)を正しく行えば、個々の骨格・筋力・柔軟性でスイング軌道が決まります。そして、その軌道上で(d)(e)は容易に実行できます。以下、右利き用に記します。


(a) 基本のグリップ

基本通りのフィンガーグリップです。左手は中指・薬指・小指、右手は中指・薬指だけで軽く握ります。親指はグリップの真上に来ません。

グリップ方法

基本のグリップ(左手)です。ゴルフスイング練習器具「ツアーアングル144」をセットしています。付属DVDにはグリップ方法のレッスンもあります。


「ゴルフスイングの基本詳細 (a) グリップ」のページで詳細をご覧下さい。


(b) セットアップ(基本アドレス姿勢)

両足の幅は肩幅程度で、ひざは靴ひもの上に来るまで軽く曲げます。両足をつなぐ線は、ターゲットラインと平行です。


頭・首・背骨・骨盤を真っ直ぐにしたまま、股関節を曲げて前傾し、お尻を突き出します。腕は、力を入れずに重力に従い下に降ろします。(下図参照)

トッププロゴルファーのセットアップ姿勢(ポスチャー)

左前腕とゴルフシャフトのなす角を約144度にし、前傾角度とゴルフボールまでの距離を調整します。


ゴルフスイングの正しいセットアップ姿勢

ゴルフスイング練習器具「ツアーアングル144」は、セットアップ姿勢の正誤を知らせてきます。付属のDVDには、セットアップのレッスンも入っています。


ゴルフボールの位置は、体の正中線より必ず左側(目標側)です。基本スイングが固まってから、ボールの細かい位置決めをクラブ毎に行います。


左右に体重移動しながら、全身をリラックス状態に保ち、ゴルフボールより目標に集中します。


「ゴルフスイングの基本詳細 (b) セットアップ(アドレス姿勢)」のページで詳細をご覧下さい。


(c) 基本のバックスイング

ワンピース・テイクバックをクラブシャフトが水平になるまで行います。

ワンピース・テイクバックは、「手・手首・腕・胸の相対位置を動かさず、足の全ての関節を動かさず、前傾した背骨を中心に、上半身をねじる動作」です。最重要の動作です!

バックスイング前半のワンピース・テイクバック

ゴルフスイング練習器具「ツアーアングル144」は、ワンピース・テイクバックが出来ているか否かを知らせてきます。付属DVDには、このレッスンも入っています。


次に、シャフトが水平を過ぎたら、クラブヘッドの慣性運動に従って、コック動作を行いつつ、腕を振りあげ、更に体をねじっていきます。

コック動作とは、フライパンの柄を両手で持ち、手首だけを曲げ体側に傾ける動作です。


左腕が水平になった時、クラブは空を向きます。

バックスイング後半のコック動作

ゴルフスイング練習器具「ツアーアングル144」は、コック動作のタイミングを容易に身につけられます。付属DVDには、コック動作のレッスンも入っています。


詳しくは、「ゴルフスイングの基本詳細 (c) バックスイング」のページをご覧下さい。


(d) 基本のダウンスイング

下半身のねじれを元に戻す動きを始めると、上半身のねじれが解け始め、その上半身に引っ張られて腕が動き出します。手首は、コックしたままです。

腕が動き出した時に、アンコック動作をする(手首を元に戻す)と、すくい打ちやしゃくり打ちになってしまいます。

すくい打ち・しゃくり打ち・あおり打ち・キャスティング

ゴルフスイング練習器具「ツアーアングル144」は、すくい打ち、しゃくり打ちの癖をすぐ直せます。


グリップからダウンスイングまでの動作を正しく行ってくれば、インパクト直前に、ハンドファーストの形に自動的になります。(下図参照)

インパクト直前のハンドファースト

ゴルフクラブの回転速度が上がってくると、ゴルフクラブのヘッドの遠心力に引っ張られ、自然に手首のコックが解けてきます。(アンコック動作)

コックが完全に解けるのがクラブヘッドの最高速度点です。これをインパクト位置か、そこから目標側に数cm過ぎた位置にします。


ゴルフスイング練習器具「ツアーアングル144」は、ヘッドの最高速度点を知らせてきます。付属DVDには、ダウンスイングのレッスンも入っています。


「ゴルフスイングの基本詳細 (d) ダウンスイング」のページで詳細をご覧下さい。


(e) 基本のフォロースイング

インパクト直後、再度コック動作を行います。

右腕が水平になった時、ゴルフクラブは空を向いています。体の形は、バックスイング中に左腕が水平だった時と、左右が逆になります。

正しいフォロースルー

ゴルフスイング練習器具「ツアーアングル144」は、インパクト直後のコック動作を容易に身につけられます。


「ゴルフスイングの基本詳細 (e) フォロースイング」のページで詳細をご覧下さい。

ゴルフスイングの基本動作の連続写真と動画

連続写真

下記画像のリンク先で、ゴルフスイングの基本動作をコマ送りでご覧下さい。


動画

ゴルフスイング練習器具「ツアーアングル144」付属のDVDの抜粋です。アメリカ標準のゴルフスイングの基本動作を見る事が出来ます。(0分55秒、英語)


ゴルフスイング練習器具「ツアーアングル144」は、アメリカ標準のゴルフスイングの基本が判る、日本語字幕付きDVDが付属しています。

ゴルフスイングの基本練習

ハーフスイングが練習の基本です。

6番アイアンを使って、ハーフスイングの練習をします。身につくと自己流フルスイングより飛距離が伸びます。

ハーフスイング:バックスイングで左腕が水平、フォロースイングで右腕が水平までのスイング。


基本のハーフスイングが身につかないと、フルスイングは安定して打てません。

ゴルフスイングの基本を理解した上で、十二分に体に覚え込ませることが重要です。


ゴルフスイング練習器具「ツアーアングル144」

25分のDVDで基本動作が理解でき、練習器具で動作のタイミング等があなたの体に直接伝わります。

ゴルフスイング練習器具「ツアーアングル144」