ゴルフスイングの基本はとてもシンプルです。たった一つの美しいゴルフスイング動作を
体に覚え込ませるだけです。ゴルフ初心者も飛距離が伸び、真っ直ぐ飛ばせます。
ゴルフの基本のセットアップ(アドレス姿勢)を解説します。

ゴルフスイングの基本 あおば屋

ゴルフスイングの基本詳細 (b) 基本のセットアップ

セットアップ(アドレス姿勢)

セットアップとアドレスの違い

セットアップは、構える体の形を決める「動作」です。

一方、ルール上アドレスは、ボールの前か後ろにゴルフクラブヘッドを置いた「瞬間」の事です。似ていますが、ここでは「動作」であるセットアップを解説します。


セットアップの目的

セットアップの第一の目的は、インパクト時に近い体の形を、予め作っておくことです。

実際のスイング中のインパクト時には、ゴルフクラブのヘッドの回転運動によって発生する遠心力が腕と体に働きます。そのため、インパクト時のゴルフクラブのヘッドは、セットアップ時より、ほんの少し下外側にずれた位置を通る事になります。


セットアップの第二の目的は、ゴルフボールに対する立ち位置を決めることです。

ゴルフボールの位置は、必ず、体の正中線より目標側です。

正中線より手前(目標の反対)側では、ゴルフクラブのヘッドは、まだ下向きに運動しています。この最中にヘッドがボールに当たると、その後ヘッドは必ず地面に衝突し、ダフリます。


正中線から目標側にずれるゴルフボールの位置は、各ゴルフクラブのフェース角によって変わってきます。

適正なゴルフボールの位置(ゴルフスイングの立ち位置)は、US標準のゴルフスイングをマスターした後に、ボールを打ちながらゴルフクラブ毎に最適な位置を求め、覚えていきます。


セットアップ(アドレス姿勢)-足-

両足の幅

両足の幅は、アイアンで肩幅程度です。

1番などの長いクラブだからと言って両足の幅を広げすぎると、下半身(骨盤から足)のひねり速度が減り、無意識に行われる目標方向への重心移動も減り、ボールが飛ばなくなります。飛距離の出る安定したゴルフスイングを実現するには、両足の幅が狭くても踏ん張れる、十分な足の筋力が必要です。


左右の足を結ぶ直線

左右の足を結ぶ直線(両足の向き)は、ゴルフボールと目標を結ぶ直線「ターゲット・ライン」と平行です。

オープンスタンス(両足の向きがターゲットラインより左向き)は、シャフトが木(ヒッコリー)の棒だった大昔のゴルフクラブに適していた立ち方です。現在のゴルフクラブでは、必ず平行です。(ゴルフクラブが進歩すると、ゴルフスイングが大きく変わります。)

グリーンに近いところから打つアプローチショットでは、ゴルフクラブのグリップエンドが左足に当たらない様に、左足を少し引いて打ちます。この時、体の向きはターゲット・ラインに平行なままで、左足を下げているだけで、オープンスタンスではありません。


ひざ

ひざは軽く曲げます。直立して、ひざがゴルフシューズの靴ひもの上に来るくらいです。


ひざを曲げる目的

一つ目の目的は、バックスイングの前半に行うワンピース・テイクバックで十分に上半身をひねるためです。曲がったひざを正面に向けていると、下半身(骨盤から足)は回転せず、ひねりにくい上半身にひねりを集中する事が出来ます。


二つ目の目的は、ワンピース・テイクバック(上半身のひねり)終了後、右足のひざを少し伸ばして、下半身(骨盤から足)をひねり、全身のひねりを大きくするためです。


三つ目の目的は、体の前後方向の重心位置を調整するためです。前後の重心は、両足の土踏まずを結んだ線上にします。


セットアップ(アドレス姿勢)-前傾-

ゴルフスイングの回転軸

ゴルフスイングの回転軸は背骨です。これをどれだけひねることができるかで、飛距離が決まってきます。

背骨をひねるには、背骨を真っ直ぐにし、骨同士の間隔を広げておく必要があります。おなかは引っ込め、背を反らさず、背中を真っ直ぐにします。


また当然のことですが、スポーツ工学では、ゴルフスイングの回転軸とゴルフシャフトのなす角を90度から100度の範囲にいれるのが良いと知られています。真っ直ぐにした背骨は、ゴルフボール側に傾けておく、すなわち上半身を前傾させる必要があります。


前傾

ひざを軽く曲げた後、お尻を突き出し、骨盤から首の骨まで真っ直ぐに伸ばしたまま、骨盤から前傾します。

この前傾角度は、後ほどクラブの長さによって調整します。

正しい前傾 正しい前傾


骨盤を前傾させずに背骨を曲げる「猫背」では、上半身のひねりが小さくなり、飛距離が短くなります。

誤った前傾 誤った前傾


セットアップ(アドレス姿勢)-腕-

正しいグリップをしたまま、腕を重力に従って下に垂らします。

腕に力を入れ、腕を真っ直ぐにしては、いけません。
とにかく、腕に力を入れてはいけません。茹でたスパゲティーの様にしておきます。


セットアップ(アドレス姿勢)-左前腕とゴルフクラブシャフトのなす角-

ツアーアングル144の開発者は、アメリカのトッププロのセットアップを数年に亘り調査し、左前腕とゴルフクラブのシャフトが、クラブによらず、およそ144度であった事を発見しました。


これは、ゴルフスイング中にクラブヘッドが遠心力で外向きに引っ張る力を受けても、手首がそのままの状態を維持できる傾きでした。
左前腕とゴルフシャフトをこの角度でセットアップすれば、ゴルフスイングの安定度を上げる事ができます。


正しいグリップをして、ひざを曲げ、真っ直ぐ前傾し、腕を垂らし、左前腕とゴルフシャフトのなす角を144度にします。


今までは、この手首の形を経験でつかもうとしていました。しかし、手首の自由度はとても高く、正解となる形さえ、よく分かりませんでした。


握るだけのゴルフスイング練習器具ツアーアングル144を使うと、正しい左手首の形を容易に身につけられます。また、グリップに誤りがあると、この時点でツアーアングル144に誤りを教えられます。


正しい左手首の形 正しい左手首の形


セットアップ(アドレス姿勢)-立ち位置-

ボールに対する最適な立ち位置

ゴルフスイングは、ゴルフヘッドをボールに当てに行く運動ではありません。

安定したゴルフスイングを身につけることで、ゴルフヘッドの軌道を安定させ、その安定した軌道の途中に置かれているボールに、ゴルフヘッドがスイング中の最高速で当たるのです。


よって、ボールに対する最適な立ち位置は、ゴルフクラブ毎に異なります。そして、その最適な立ち位置を外れて立てば、必ずミスショットにつながります。


ターゲットラインと両足(つま先を結ぶ線)との距離

前傾後に、力を抜いた腕を下げ、左前腕とゴルフクラブのシャフトがなす角をおよそ144度にし、クラブヘッドのソール(下面)を地面につけて、フェース中央にゴルフボールが来る様に、距離を決めます。

個人の骨格・筋力・柔軟性に応じて決まる安定したゴルフスイングが出来る様になったら、ゴルフクラブ毎に微調整を行い、自分に合ったゴルフクラブ毎の距離を見つけ、記憶し、再現性良く立てる様に繰り返し練習します。


目標方向の位置

正しいUS標準のゴルフスイングを行うと、アイアンでは体の正中線から目標側にディボットが形成されます。すなわち、体の正中線より数cm目標側がゴルフクラブヘッドの最下点です。

最下点では、フェースの実際の角度と、クラブのフェース角が一致します。


アイアン:

ゴルフクラブヘッドの最下点より体の正中線側に、ゴルフボールを置きます。インパクト時に、フェースの実際の角度が、クラブのフェース角より立つため、飛距離が稼げます。


ドライバー:

ゴルフクラブヘッドの最下点より目標側に、ゴルフボールを置きます。インパクト時に、フェースの実際の角度が、クラブのフェース角より寝るため、アイアンと同じゴルフスイングでも、高弾道の飛球が得られます。ゴルフクラブのヘッドの軌道を考えて、ティーの高さを決めます。


立ち位置は、ゴルフスイングを安定させた後、ゴルフクラブ毎に一つずつ決めて行く必要があります。そして、その最良の立ち位置をゴルフクラブ毎に正確に記憶し、常に最高の立ち位置に立てるように練習を繰り返します。

漫然とした打ちっ放し練習では上達は望めません。ゴルフスイングを決める因子を一つ一つチェックして、実のある練習をして下さい。


ゴルフスイングの基本動作の連続写真をコマ送りでご覧頂けます。

ゴルフスイング連続写真へのリンク

握るだけのゴルフスイング練習器具ツアーアングル144を使うと、ゴルフスイングの基本を容易に身につけられます。

ゴルフスイング練習器具ツアーアングル144のページへ。