ゴルフスイングの基本はとてもシンプルです。たった一つの美しいゴルフスイング動作を
体に覚え込ませるだけです。ゴルフ初心者も飛距離が伸び、真っ直ぐ飛ばせます。
基本ゴルフスイングのフォロースイングを解説します。

ゴルフスイングの基本 あおば屋

ゴルフスイングの基本詳細(e) 基本のフォロースイング

フォロースイングの目的

インパクト後のフォロースイングは、飛んでいくゴルフボールに全く影響を与えられません。インパクト後に、どの様にフォロースイングを行っても、あとの祭りです。

インパクト時に、ゴルフクラブとボールが接触しているのは、約0.0005秒間です。この間に、クラブヘッドは約2cm動き、ゴルフボールは直径の四分の一程潰れてから元に戻ります。


フォロースイングの目的は、インパクト後に体をふらつかせないことだけなのです。

人の体は、「ある目的を行うための動作」が終了した後に、体がふらつく経験があると、次に「同じ目的を行うための動作」をする際に、動作終了後にふらつかない様に、「目的を行うための動作」自体を無意識に変えて、体のふらつきを前回より減らそうとします。

すなわち、ダウンスイング後のフォロースイングで、体がふらついてしまうと、次回のゴルフスイングでは、前回とは異なるダウンスイングを無意識にしてしまいます。


一方、ダウンスイング後のフォロースイングで、体がふらつかなければ、次回も同じダウンスイングが行え、ゴルフスイングが安定するのです。


フォロースイングの考え方

インパクト後の短時間に、体の屈曲出来る範囲内で、体の重心を両足の範囲内に抑え(ふらつかず)、ゴルフクラブを停止させるには、次のやり方が考えられます。


(1) ゴルフクラブヘッドと回転軸(背骨)との距離を短くする。

(2) 回転軸に近い大きな筋肉(体幹)の力で、体の回転を止める。

(3) 体の重心を上方向に動かし、ゴルフクラブのヘッドの上方向への運動エネルギーを吸収する。


尚、昔のゴルフスイングでは、右足の下に重心を置いたままにするダウンスイングや、背骨をケガをするくらい目標の反対方向に反らすフォロースイングが用いられていました。


(1)は、インパクト直後にコック動作をする事で、ゴルフクラブヘッドの慣性モーメントを小さくする事が出来ます。

(2)は、ダウンスイングと同じで、回転軸に近い体幹で大きな力が使えます。

(3)は、フォロースイング後半でゴルフクラブが空を向いた後、左ひざを伸ばす事で体を上に動かし、ゴルフクラブヘッドと体の相対速度を減少できます。


(1),(2),(3)でフォロースイングを組み立てて、ダウンスイングに影響を及ぼさずに、ゴルフクラブのヘッドを止めます。


フォロースイングの動作

コック動作

ダウンスイングでアンコック動作が終わる前か終わった瞬間に、ゴルフボールとゴルフヘッドは衝突(インパクト)します。この直後、再度コック動作を行います。フォロースイングで最も重要な動作です。

コック動作は、コンロに置いたフライパンの持ち手を両手でグリップし、腕を動かさずにフライパンを体の方に傾ける手首の動作をいいます。手首は、左右の甲側には動かしません。


コック動作は、インパクト直後に開始し、右腕が水平になった時には動作が終わっています。

正しくコック動作をすると、右腕が水平になった時、ゴルフクラブのヘッドは空を向きます。

正しいフォロースルー

コック動作を忘れると、右腕が水平になった時、ゴルフクラブのヘッドは目標を向きます。

悪いフォロースルー

握るだけのゴルフスイング練習器具ツアーアングル144を使うと、フォロースイングでの正しいコック動作を容易に身につけられます。


体幹でのブレーキ

ゴルフヘッドの運動速度をとにかく減らさないと、ゴルフヘッドに引っ張られて、体の重心が右足の外側に出て、ふらついてしまいます。

上半身が少しねじれるだけで相当の回転エネルギーを吸収できますが、右腕が水平を過ぎたら、体幹の筋肉で回転にブレーキをかけます。


足の動き

右手が水平を過ぎたら、左ひざが伸び、右足はかかとが上がり、体を上向きに動かします。全体重は、右足にかかります。

右手が水平を過ぎた時点で、ゴルフクラブのヘッドは空を向き、運動方向は上向きになっています。この運動と似た方向に体を動かす事で、相対速度が減少します。


腕の動き

右腕が水平になった頃から、左ひじが折れ始め、右腕が上方45度程度に上がったところから、右ひじも折れ始めます。

この右ひじの動きによって、慣性モーメントは更に小さくなります。


背骨の動き

右手が水平を過ぎた頃に左ひざが伸び始めますが、それに合わせて前傾した背骨も起こしていきます。

この動きで、クラブが後方に動いていく時の相対速度を減らす事が出来ます。


首(頭)の動き

インパクトを過ぎたら、顔をゴルフボールの置いてあった場所に向けている理由は無くなります。体のねじれでゴルフクラブヘッドの回転を止めるのですから、首は体のねじれを邪魔しないように動く必要があります。


右腕が水平になった頃には、首を回し目標側に顔を向けます。

ゴルフボールの行方も気になりますし、顔は自然に目標方向を向きます。


握るだけのゴルフスイング練習器具ツアーアングル144を使うと、正しいフォロースイング動作を容易に身につけられます。


ゴルフスイングの基本動作の連続写真をコマ送りでご覧頂けます。

ゴルフスイング連続写真へのリンク

握るだけのゴルフスイング練習器具ツアーアングル144を使うと、ゴルフスイングの基本を容易に身につけられます。

ゴルフスイング練習器具ツアーアングル144のページへ。