ゴルフスイングの基本はとてもシンプルです。たった一つの美しいゴルフスイング動作を
体に覚え込ませるだけです。ゴルフ初心者も飛距離が伸び、真っ直ぐ飛ばせます。
基本のゴルフスイングのバックスイングを解説します。

ゴルフスイングの基本 あおば屋

ゴルフスイングの基本詳細(c) 基本のバックスイング

バックスイングの目的

バックスイングの目的は、以下の二つです。

体をねじり、ダウンスイングのためのエネルギーを蓄える。

個人の骨格・筋力・柔軟性によって決まる唯一の安定したダウンスイングを開始出来る、体の形(フォーム)を作り上げる。


(バックスイングは、単にゴルフクラブを高く振りあげるものではありません。)


バックスイング直前の動き

バックスイング直前に、必ず行うべき事柄があります。


目標の方向と距離を見定める。

セットアップが終わったら、ボールより、目標地点を見ます。目標地点は、セットアップ前に決めているはずですので、その地点を意識します。


但し、必ず首を回して見る事を意識して下さい。意識せずに目標を見続けると、セットアップで構えた足の位置がだんだんずれていき、気づかないままオープンスタンスになっている人もいます。ご注意下さい。


体を左右に何度も重心移動させる。

体を左右に動かしながら、足の裏や足首にかかる体重を感じます。重心が土踏まずをつなぐ線上を左右に移動するのを感じます。

ゴルフスイングは、漫然とするものではありません。体中の神経を研ぎ澄まし、体中の神経が伝えてくる情報を常に捉えて行うものです。

体は、静止させておくよりも少し動かした方が、各神経が伝えて来る、体の各部分の様々な情報を得られやすくなります。


更に、重心移動を繰り返すことで、体の筋肉から緊張を取り除きます。硬く張った筋肉では、安定したゴルフスイングは出来ませんし、飛距離も出ません。


手首や腕の緊張を意識的にほぐす。

一番力が入りやすい手首や腕も意識的に動かして、緊張を取り除きます。


基本のバックスイング前半(ワンピース・テイクバック)

US標準ゴルフスイングではバックスイングの最初に、重要なワンピース・テイクバック動作を行います。

ワンピース・テイクバックは、アメリカではワンピース・テイクアウエイと呼ばれます。ワンピースは、一つ(ワン)の塊(ピース)の意味です。


ワンピース・テイクバックの目的

US標準ゴルフスイング(体打ち)では、体を十分に捻転させ、細い腕の筋肉に頼らず、胴体と足の筋肉でスイング運動を作り、ゴルフクラブのヘッドスピードを上げます。
しかし、上半身は誰でもひねりにくく、捻転が不十分になりがちです。そこで、バックスイングの一番始めに、ゴルファー本人が意識して、上半身を十分捻転させることがワンピーステイクバックの目的の一つです。


また、背骨を軸として回転するゴルフクラブヘッドの初期運動方向を正しく決めることが、もう一つの重要な目的です。


ワンピース・テイクバックの方法

手・腕・肩を一つの塊の様に、相対位置を変えずに、前傾した背骨を軸にして、を回転させます。特に、手首はセットアップのまま動かさず、ゴルフシャフトが水平になるまで上半身をひねります。首は、前を向いたままです。


ワンピース・テイクバックを行う時の注意

ワンピース・テイクバック中に最も注意すべき事は、ひざをセットアップの位置から動かさない事です。ひざを軽く曲げたまま、前方に向けたまま維持すれば、下半身はひねらずに、上半身だけをひねる事が出来ます。また、背骨の回転軸を意識して下さい。


ワンピース・テイクバックは、慣れるまではゆっくりでも構いませんが、最終的には結構な速さで行う必要があります。速さを上げると、ゴルフクラブヘッドの慣性力が上がり、バックスイング後半でのヘッドの軌道が安定しやすくなります。


バックスイング前半のワンピース・テイクバック

握るだけのゴルフスイング練習器具ツアーアングル144を使うと、正しいワンピース・テイクバックを容易に身につけられます。


基本のバックスイング後半(コック動作)

ワンピース・テイクバックが終わったら、コック動作を行いつつ、左腕を振りあげていきます。

コック動作は、コンロに置いたフライパンの持ち手を両手でグリップし、腕を動かさずにフライパンを体の方に傾ける手首の動作をいいます。手首は、左右の甲側には動かしません。


コック動作は、ゴルフシャフトが水平になったあと開始し、左腕が水平になった時には動作が終わっています。


コック動作と腕の振り上げによって、ゴルフクラブヘッドは、かなりのスピードになります。風きり音が出る程です。


コック動作と腕の振り上げは、ワンピース・テイクバックでかなりの速度で移動しているゴルフクラブヘッドの慣性運動にに逆らわずに、その方向に行います。


バックスイング後半のコック動作

左腕の振りあげ時には、以下の事が同時に行われます。


右足のひざが少し伸びることで、骨盤が回転します。(骨盤が右後ろに下がる。)


左ひじは伸ばしたままで、右ひじが自然に曲がって来ます。


重心が、回転軸と共に右側に自然と移動します。背骨も横方向に移動するので、背骨と一緒に首も横方向に平行移動します。


下半身のねじれが加わり、回転軸を中心とした肩の回転が大きくなるため、首は肩の回転に引っ張られ、顔も少し右を向いてしまいます。それでも、目はゴルフボールから外しません。


握るだけのゴルフスイング練習器具ツアーアングル144を使うと、正しいコック動作を容易に身につけられます。


基本のバックスイング -スイングの大きさ-

ゴルフスイングの大きさには、ハーフスイング・スリークォータースイング・フルスイングがあります。

ゴルフスイングの大きさは3種類に限定し、ゴルフクラブ毎に平均的な飛距離を計測して、ばらつき(安定性)と共にメモしておきます。(グリーンへのアプローチショットは、別のページで説明します。)


コースでは、主に飛距離から、「安定して打てるゴルフクラブ」と「スイングの大きさ(3種類)」の組み合わせから、最適な選択を行います。

飛距離に合わせてスイングの大きさを無段階に制御するのは、かなり難しく、また実際上必要ありません。(初めは、スイングの大きさをハーフスイングだけに限定します。正しいハーフスイングは、手打ちの自己流フルスイングより飛びます。)


ハーフスイング

バックスイングで左腕が水平に、フォロースイングで右腕が水平になるまのゴルフスイングです。

まず、6番アイアンでハーフスイングを習得して下さい。ハーフスイングで、方向性も飛距離も安定して打てる様にならないと、フルスイングは決して安定して打つことは出来ません。


スリークォータースイング

スリークォーターは、英語で四分の三の意味です。ハーフスイングとフルスイングの中間とゴルファーが思うゴルフスイングです。


フルスイング

ゴルファーにとって、バックスイングで最大の捻転をしているゴルフスイングです。



ゴルフスイングの基本動作の連続写真をコマ送りでご覧頂けます。

ゴルフスイング連続写真へのリンク

握るだけのゴルフスイング練習器具ツアーアングル144を使うと、ゴルフスイングの基本を容易に身につけられます。

ゴルフスイング練習器具ツアーアングル144のページへ。